誰に向けて書きますか・・・?内容を考えて見よう!

対象を絞ったホームページ作りが大切!

ホームページを作る時に、誰に向けて作ればいいと思いますか?ホームページで何らかの商品を扱う以上、自分に向けて書けばいいわけではありません。画面の向こうにいる顧客に向けて書く必要があります。顧客に向けて書くために肝心なのが、どのような顧客を対象とするのかという点です。
例えば20代女性を対象としたホームページ作りと、60代以上を対象としたホームページ作りだと、ページのデザインに大きな差があります。そのため対象としたい顧客の年齢や性別を考えて、その方々に合ったホームページを作ることが、顧客獲得のための第一歩となります。対象とする顧客が興味を持つページであれば、それだけホームページに長く留まってもらえる可能性も高まります。

顧客に合わせた内容を考えよう!

対象となる顧客に合わせるべきなのは、デザインだけではありません。デザイン以上に大切なのが、ホームページに記載する内容です。ホームページ上のデザインというのは、顧客がページを見るきっかけとなる第一歩です。インターネットサイトには、さまざまなホームページがあるため、開いたサイトのデザインの第一印象で、顧客はじっくりと見るページを選びます。つまり、デザインは最初の第一歩として必要な要素なのです。
そしてデザインで最初の一歩を踏みだしてもらい、次の一歩を踏みだしてもらうために、ホームページの内容が鍵です。役立つ情報が記載されていれば、それだけホームページを利用してもらえる可能性が高まります。対象となる顧客のニーズを調べ、ニーズに合わせたホームページの内容が求められるのです。