htmlってなんだ??ホームページを作るために!

初歩の初歩!HTMLってどんな物なの?

ふだん ごく当たり前に、便利に利用しているインターネットですが、あなたが今見ているページの「設計図」が一体どのように出来ているのかご存知ですか?
あらゆるウェブサイトは「HTML」(読み:エイチティーエムエル)という、一種のプログラミング言語によって「設計」されています。
プログラミングなどと言うと「わあ難しそう」と、反射的に身構えてしまうかも知れません。もちろん突っ込んで行けば行くほど専門的になり、理解の難しくヤヤコシイ分野であるというのは当然なのですが、ここでは ごくごくザックリと「二つの要素から出来ている」と単純化してみましょう。たった二つの部分、「記述テキスト」「命令タグ」だけによってHTMLは出来ているんだ、という事で話を進めます。

実際に見てみると・・

論より証拠という訳で、まずご覧のページ上にてマウス右クリックをして「ソースを表示」してみてください(ブラウザソフトによってはコマンド名が異ったり、別の所にあるかも知れません)。すると画面一杯にずらずらと、謎の「呪文」が広がったのではと思います。これがHTMLそのものなんです。
これをさらに観察すると、中身には「見慣れた日本語の文章」と「意味不明な謎の呪文」の二種類が書かれている、というのがぼんやりと見えてきます。またカンのいい方なら、サンドイッチのように「呪文」「文章」「呪文」・・といった形が基本になっているのがお分かり頂ける事でしょう(例外もありますが)。この呪文が「HTMLタグ」と言われる物で、「文章」をサンドイッチにすることで様々な機能・命令~表示文にする、リンクにする、ボタンにする等~を持たせられます。これがHTMLによるウェブページの「設計のしくみ」です。

ウエブの世界は、日々技術やトレンドが変化しています。制作業者は、こうした変化に対応できる知識や技術を備えていることが大切です。またホームページ制作の実績も、業者選びには欠かせないポイントです。